読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

歌舞伎座閉場式の日

いよいよ今日が現歌舞伎座最後の日。
先月に名残を惜しんできたけれど、とうとう来たかぁという感じだ。
それでもあの歌舞伎座での歌舞伎に間に合ったというのは本当によかったと思うのだった。
今日の閉場式に立会う皆さん、プラチナチケットおめでとう。



(先月の歌舞伎座



今夜は歌舞伎チャンネルの特別番組を見て過ごすことにしよう。






2.歌舞伎映画特別放送 (昼夜2回放送)


(1) 「勧進帳」(昭和18年)

出演:七世目松本幸四郎、十五世市村羽左衛門、六世尾上菊五郎

七世幸四郎は、「勧進帳」の弁慶を得意とし、生涯に1600回以上も演じた名優です。この七世幸四郎の弁慶、十五世羽左衛門の富樫、六世菊五郎義経という超豪華な配役で上演された昭和18年12月歌舞伎座の「勧進帳」の舞台を記録した映画をご覧いただきます。昭和18年、戦前の歌舞伎座、しかも当時では新鋭のカメラで撮影した貴重この上ない映像をぜひご覧ください(モノクロ)。




(2) 「京鹿子娘道成寺」(昭和31年)

出演:六世中村歌右衛門

昭和31年、六世中村歌右衛門が38歳の時に撮影された作品です。

歌右衛門は生涯にいくたびも「娘道成寺」を演じましたが、美しい盛りといえる歌右衛門の「道成寺」が見られる貴重映像です。昭和26年、我が国初のカラー映画として「カルメン故郷へ帰る」が松竹で封切られた5年後の製作で、カラー作品はまだその年の松竹封切全作品の10%しかなかった時代に、特に力を入れて撮影された作品です。撮影は松竹大船撮影所で、道成寺のセットを特別に設営して行われました。映画ならではの、さまざまな角度からの撮影で、歌右衛門の美しい姿に迫った特別映像をお見逃しなく。