読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

猫が来た!

f:id:yosi0605:20170221181121j:plain

今日は「猫の日」とのことですが、昨日我が家に猫が来ました!

Apple ID の変更

Apple IDとして使っていたメールアドレスがプロバイダー契約解除となったので、IDの変更の必要に迫られたという話。

とは言え、iMac×1、MacBookAir×1、iPad×1、iPod touch×新旧2、windows機の iTunesが対象になるので、延ばし延ばしにしていた。

 

しかし、iTune Storeでしか取り扱いが無い品を見つけてしまったので、いよいよ取り掛かったという次第。

 

3時間近くかかりましたか。

 

一番引っかかったのは新しいIDでfacetimeiCloudにサインインする際に新しいパスワードとAppleから届く認証コードを入力する時でした。認証コードは「数字三桁+スペース+数字三桁」と操作しているデバイス以外のデバイスに表示されます。そして実際に入力する際はスペースを無視して「新パスワード+数字三桁+数字三桁」と連続して入力しなければいいけなかったんですが、バカ正直にスペースを入れて時間を多少無駄にしてしまいました^^;

 

何とか無事に終えることができましたが、参考したサイトのアドバイスに従い、予め全てのサービスからのサインアウトを終えていたのでこれくらいで済んだのだと考えることにします( ´ー`)フゥー...。

 

setsuzoku.nifty.com

pc-karuma.net

support.apple.com

support.apple.com

support.apple.com

今月の読了

音楽・映画 本・雑誌

【読んだ】

 

 

以前kindle版で読んでいたものを紙版で再読。

  

 『この世界の片隅に』の片渕須直監督と町山智浩さんの対談を収録。

 

  

 

津波に襲われた街で生きる妻から あなたへの恋文 夫よ、もう一度その手のぬくもりを

津波に襲われた街で生きる妻から あなたへの恋文 夫よ、もう一度その手のぬくもりを

 

 【聴いた】

Guitarist

Guitarist

 

 

 

柳家喬太郎主演『スプリング、ハズ、カム』試写会

音楽・映画

柳家喬太郎主演映画のクラウドファウンディングに対する協力特典として、映画の公開前試写会に行ってきました。

(まぁ、強力と言っても微々たるものですが^^;)

 

springhascome.xyz

 

よくある「感動」の押し付けが大嫌いなので邦画も、テレビドラもほとんど観ないのですが、この映画は穏やかな時間の中に淡々としたストーリーが流れ、失礼ながら期待以上の完成度でした。

名作の予感がします。

子供のいる人だけでなく、自分のような一人者でも、あの高校を卒業して新しい土地で一人暮らしを始めた頃の感覚が蘇ってきました。

 

上映館がどれだけ増えるかは正直言って厳しいかもしれませんが、機会があればぜひ観ていただきたいし、私ももう一度映画館で観たいと思っています。

 

f:id:yosi0605:20170129175742j:plain

f:id:yosi0605:20170129175828j:plain

 

映画の後は柳家喬太郎師匠に敬意を表して「コロッケそば」で〆ました(^_^)v

 

f:id:yosi0605:20170129211004j:plain

 

 

1月29日浅草演芸ホール昼席

演劇・芸能 根多帳

f:id:yosi0605:20170129163556j:plain

 

11:40

  • 春風亭一左「幇間腹
  • 三遊亭天どん「名探偵の不幸」

12:00

  • ダーク広和
  • 柳亭左龍「家見舞」
  • 五明樓玉の輔「紙入れ」
  • ひびきわたる

13:00

14:00

15:00

16:00

  • 鏡味千三郎社中
  • 春風亭一朝「野ざらし」

 

お目当ては柳家さん助さんだったので15時前に満足したのだが、やはり一朝師匠は絶品だった。

 

 

2017年の手帳(その2)

高橋書店「〈393〉T’クリエイティブダイアリー」の他に、新潮社マイブックも購入。

こちらは例年通り、チケットや残しておきたいDMなどの「貼りまくり用」として使用。

 

f:id:yosi0605:20170112113535j:plain

 

マイブック: 2017年の記録 (新潮文庫 ん 70-19)

マイブック: 2017年の記録 (新潮文庫 ん 70-19)

 

 

思い立って、ここ十年ほどの手帳履歴を書き出してみた。

結果は以下の通り。

考えたのは、「ほぼ日手帳」とか「陰山手帳」などの著名人の名前を前面に出した手帳はもういいか、ということ。そんな気分になった2017年の手帳選びだった。

 

       (「陰山手帳」→高橋書店「シャルム8」経由)

       新潮社 マイブック

       モレスキン

       新潮社 マイブック

  • 2014年 美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳

       新潮社 マイブック

       新潮社 マイブック

       MDノート

                  新潮社 マイブック

2017年の手帳

日記

2016年の、一年に3つも手帳を取り替えた反省を活かし、あれこれ手に取ってみて「これなら」と思えたのは高橋書店の「〈393〉T’クリエイティブダイアリー」だった。

 

f:id:yosi0605:20161213085557j:plain

 

やはり、バーティカルは基本。

そして、最近歳のせいか物忘れが多いので^^; 「to do」のチェックが多い点も重視した。

 

f:id:yosi0605:20161213085624j:plain

 

不満な点はメモページの少なさだろうか。

ひょっとしたらと思い、ノート売り場を覗いたら同じB6のノートがあった。

これがちょうど良く、カバーに収まってくれるのだった。

 

f:id:yosi0605:20161213085655j:plain

 

ペンホルダーもちゃんと使える状態。

今年は安らかな手帳ライフを過ごすことができそうだ。