読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

今週の読了

本・雑誌

一冊、面倒くさい本に手を付けてしまい、その本がなかなか読み終えることができない。

気分転換に漫画に手を付けたのだが、漫画だから読みやすいけど、内容はどんと重くて深かった。
いや、おざわゆきさんのこの漫画はそうなることを予想して買ったのだから、ある意味予想通りだったと言えるだろう。
名古屋空襲を描く(第一巻はその序章)『あとかたのまち』。
実父のシベリア抑留体験を描いた『凍りの掌』。
一日一日と終戦(敗戦)70周年に向けて歩んでいる今読まれてしかるべき本。

あとかたの街(1) (KCデラックス BE LOVE)

あとかたの街(1) (KCデラックス BE LOVE)

凍りの掌

凍りの掌

6月27日にNHKラジオ第一「すっぴん!」で高橋源一郎が紹介した本。
柳家小三治が先代柳家小さんに向けた弔辞(「見事なお骨でした」)を読みたくて購入。
内容はPodcastingで聴くことができます。
源ちゃんのゲンダイ国語|すっぴん!|NHKラジオ第1

弔辞―劇的な人生を送る言葉 (文春新書)

弔辞―劇的な人生を送る言葉 (文春新書)

80年代ポップ界のスター、大江千里
彼が胸に秘めていた「いつかはジャズをやるのだ」という志を実行すべく、それまでのキャリアを捨ててアメリカに留学する。
現在はジャズのCDもリリースして順調に活動しているが、文筆の方もテンポよく、苦労を表現するにも重くなりすぎず(本人はとんでもなく大変だったのだろうが)、「味のある文章」を楽しめる(これは読者の特権か)。
こちらも急ぐことなく、ゆっくりと、並走する気分で気長に最後まで読み続けたい。