読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

橋下徹2012年7月27日の文楽関係ツイート

橋下徹の文楽騒動

  • http://t.co/Q1s2o3z1毎日新聞、もっときちんと報道してくれよ。僕は台本が古いとは言っていない。昭和30年に作られた脚本に縛られる必要はないでしょと言ったんです。人形遣い、三味線は350年の歴史があるのであろうが、脚本は昭和30年に作られたもの。 posted at 07:09:57
  • 昭和30年の脚本。それは守るべき伝統ではないでしょう。現代美術家杉本博司さん演出の曽根崎心中は、演出は現代風にアレンジしながらも、脚本は近松のオリジナルにこだわられた。これこそプロの総合演出だと思う。公演ものは、脚本・演出が全てを決めると言っても過言ではないと思う。 posted at 07:12:45
  • 昨日文楽を観劇しに行きました。曽根崎心中。守るべき伝統芸能であることは理解しています。しかし、守るだけでいいのか、公演ものであれば振興の観点も必要ではないのか。振興の観点からすると今の文楽の問題は何なのか?これまではこの辺りの議論がきっちりと行われていなかった。 posted at 07:16:03
  • 歴代の市長も、行政も、文楽となれば、批判はタブー。批判すれば、文化音痴と言われるのが怖いのでしょう。自称文化人も誰も問題点を指摘しない。27日朝日新聞29面で佐藤優氏が僕についていろいろと分析をしている。 posted at 07:19:44
  • その中で「人文系知識人層は総人口のコンマ・ゼロいくつしかないのに、新聞の中では5分の1ぐらいを占める過重代表」と言うくだりがある。この認識を持てるかどうか。知識人や多くの行政マンは過重代表の認識がない。そして民意とかい離する。文楽も、人文系知識人層に縛られない方がいい。 posted at 07:21:52
  • もともと芸能は大衆娯楽だ。大衆に受け入れられるかどうかが一番のポイント。大衆に理解してもらうのではない。大衆に受け入れられる文楽にしなければならない。その場合に、大衆の素朴な感想に耳を傾けるかどうか。大衆の素朴な感想に対し、それは文楽を分かっていないと一蹴した瞬間に芸能は死す。 posted at 07:26:15
  • なんと!茂木先生が同時に文楽についてツイート。茂木先生は知識人の象徴でありますが、大衆からも支持される知識人RT @kenichiromogi: 滞在中の大阪市内から、連続ツイート第667回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、文楽のことについて! posted at 07:30:45
  • RT @kenichiromogi: ぶむ(1)まず大前提として、私は文楽が大好きである。東京の国立劇場にも、何度も通っている。竹本住太夫の義太夫には、心が震える。亡くなった吉田玉男さんの人形には、何度息をのんだかわからない。一番忘れられないのが「夏祭浪速鑑」。文楽をまだ見ていない方は、ぜひ劇場に足を運んでほしい。 posted at 07:32:32
  • RT @kenichiromogi: ぶむ(2)橋下徹大阪市長が、文楽について、その演出などの問題点を指摘された、と聞いたとき、私は虚を突かれた思いがあった。私には、全くない発想だったからである。それから、これは大切な視点かもしれないと思い始めた。世間からの、反発を含めた反応を見ていても、そう感じた。 posted at 07:32:41
  • RT @kenichiromogi: ぶむ(3)文楽は、歌舞伎にも多くのネタを提供してきた、芸能の原点である。その歌舞伎に比べると、確かに文楽は少しお行儀が良く、「勉強に行く」という感じがある。特に東京の観客は、生真面目で素直な人が多いから、「人間国宝」「世界無形遺産」という惹句だけで恐れ入ってしまう傾向がある。 posted at 07:32:45
  • RT @kenichiromogi: ぶむ(4)建前やお行儀が優先しがちな東京では、文楽は大入りを続けている。それに対して大阪の国立文楽劇場は苦戦しているという。これを、大阪の人たちの意識の低さ、などと論じていては、本質を見誤るだろう。何よりも、そもそも文楽は大阪で誕生したものだからである。その本場でなぜ苦戦するか? posted at 07:32:53
  • RT @kenichiromogi: ぶむ(5)文楽には「時代物」と「世話物」があり、「時代物」は、(文楽が上演されていた江戸時代から見て)過去の歴史に取材している。一方、「世話物」は、当時の同時代の事件に取材している。今や古典となっている「曾根崎心中」も、もともとは同時代に起こった男女の事件が元になっている。 posted at 07:33:01
  • RT @kenichiromogi: ぶむ(6)つまり、文楽は、それが生み出された江戸時代においては、今で言えば週刊誌、テレビのような役割を果たしていたということである。同時代に起きた事件、人々の関心事に取材して、新しい脚本で、斬新な演出を心がける。だからこそ、観客も引き寄せられた。決して「お勉強」のためにではなく。 posted at 07:33:06
  • 人形遣い、三味線、大夫は物凄い芸術的技能なのであろう。その凄さを理解するにはそれなりの鑑賞の経験も必要。文楽を勉強する必要もある。これは文楽に限らず何事においてもそう。野球でもサッカーでも、ポップス、漫画、お笑い、バラエティ番組の司会にタレントさんのやり取り・・・ posted at 07:36:39
  • プロの凄さを理解するには、それなりの勉強が必要なのは当然である。しかし、そのような相手だけを対象にしていては広がらない。お笑いや、バラエティ番組の司会やタレントさんのやり取り、レストラン・・・本当は物凄い技術が前提となっているのに、それは別として受け入れられるかどうかがスタート posted at 07:40:02
  • 古典は守るべきだろうし、古典があるからアレンジも効くのであろう。しかし古典だけでは広がりはしない。この両者のバランスが文楽に欠けているのだと思う。挑戦したいと思っている技芸員は数多くいるはずだ。舞台に立つ者で、多くの観客に観てもらいたいと思わない人はいない。 posted at 07:42:12
  • 豪華キャストを揃えても演出・脚本次第で、映画やドラマ、舞台は台無しになってしまう。これは文楽界の一番の問題点だろうが、演出・プロデュースの責任者は誰なのか。ここがはっきりしない。行政のいつものパターン。責任者がはっきりせず、これまでやってきたことを忠実に繰り返す。 posted at 07:44:32
  • 守るべき古典と、現代に合わせた公演。この辺をきっちりとプロデュースできる人に責任者に就いてもらわないといけないと思う。現在の曽根崎心中は昭和30年の脚本。クライマックスシーンは、僕の感覚では薄くて、物足りなかった。むしろ近松のオリジナルを観たい。 posted at 07:46:14
  • 毎日新聞は僕が台本を古いと言ったと報道。ちゃんと聞いてくれよ。僕は近松オリジナルの方が良いんじゃないかと言ったんだ。杉本氏は演出は現代風にして脚本は近松オリジナルにした。行政が仕切ると、挑戦の芽を摘む。文楽はその典型じゃないかな。若い技芸員が挑戦できる環境にすることが必要だと思う posted at 07:48:43
  • 観劇の後にメディアの取材を受けたが、もう文楽については批判を許さない雰囲気。ドラマだって、映画だって、芝居だって、公演ものに批判はつきもの。批判されなくなったらもう終わりですよ。僕は素朴な感想を出し続ける。それが文楽玄人から見て、頓珍漢であろうとも。文楽は大衆芸能なんだから。 posted at 07:51:24
  • 一番の素朴な疑問。なんで人間国宝人形遣いの皆さんは、顔を出されるのか。文楽は人形の芝居のはず。心中の最後のクライマックスで、人形遣いの皆さんの顔が、人形の横にあると、舞台に入り込めない。集中できない。人間国宝以外の方は、皆黒子として顔を隠す。 posted at 07:53:52
  • 人形芝居なのだから、人形以外に人間の影を感じることには違和感を覚える。だから皆黒子となっているはず。ところが人間国宝になると、顔を出されている。これはどういう演出と意味があるのか。人間国宝もその人形遣いの技術が国宝ではないのか。文楽は人形と人形遣いを見ることに意味があるのか。 posted at 07:56:00
  • 現代美術家の杉本氏は、人間国宝の皆さんにも顔を隠してもらった。文楽素人からすると、その演出の方が正解だと思う。人形遣いの皆さんの顔が見えると、人形の世界に気持ちが入っていけない。人間国宝の皆さんに顔を隠した方が良いですよということさえ、今の文楽界では言えないのであろう。 posted at 07:57:42
  • 現代美術化杉本博司さんの杉本文楽がまさにこれです。DVD観て下さい。 RT @1960chocochan: @t_ishin 「演出は現代風にして脚本は近松オリジナル」言うは安し。 posted at 07:58:29
  • RT @kenichiromogi: 落語には、古典と、新作が今でもあるからね! RT @ishii0874rkg: 落語についても然りですね。手垢にまみれた表現ですが、「古典落語」も作られた当時は新作だったのですから。当時の人々は、伝統芸能などではなく、もっと卑近な楽しさを求めて寄席へと posted at 07:59:09
  • 同感 RT @kenichiromogi: 落語には古典と新作が今でもあるからねRT @ishii0874rkg: 落語についても然りですね。手垢にまみれた表現ですが「古典落語」も作られた当時は新作だったのですから。当時の人々は伝統芸能などではなくもっと卑近な楽しさを求めて寄席へ posted at 08:00:23
  • 同感 RT @kenichiromogi: そやね。 RT @piaco0701: オペラやバレエは、どんどん新しい演出をされる事が当たり前。そうして時代時代の聴衆に受け入れられたり受けいられなかったり、切磋琢磨されて生き残ってきた芸術です。RT 以上、連続ツイート第667回「文 posted at 08:01:00
  • 曽根崎心中も当時は大スキャンダルだったんでしょうねRT @kenichiromogi: 文楽の今のあり方を愛する人がいるのはよくわかる。私もすでに確立されたその美意識を大切にしたいと思う。〜略〜現代に合わせた新しい感覚の脚本演出、すなわち平成の「世話物」があっても良いのではないか posted at 08:03:22
  • 「北新地物」「家庭内謝り日記」誰も観に来ないでしょうが RT @kenichiromogi: ぶむ(9)橋下徹市長が、今回、文楽について発言されたことで、注目が集まっている。時事ネタを脚本に取り入れ、即座に「浪速市長文楽手習鑑」といった新作を発表する機動力が文楽にあったら、観客 posted at 08:09:07
  • 今の文楽構造では、演出・プロデュースの責任者がいません。これまでやってきたことをやり続けるだけ。多少の挑戦もされているようですが、しかしそれは新規ファンを大々的に広げるほどにはなっていません。曽根崎心中の脚本も昭和30年のもの。 posted at 08:12:45
  • どうせやるなら近松オリジナルにするのか、それとも書き直すのか。昭和30年の脚本は守るべき古典ではないはず。このようなことも今の振興会、文楽協会、技芸員の構造ではできない。これは仕組みの問題。行政組織が身動きがとれなくなっているのと同じ。権限者、責任者の不在。 posted at 08:14:38
  • 若手技芸員も文楽ファンが増えることを願っているはず。そのためには、今の文楽界の構造を一から見直す必要がある。これが僕の文楽に対する問題提起。文楽を守れ、予算を削るな、文楽は大切な文化だ、なんていうことは誰でも言える。 posted at 08:16:25
  • 同感 RT @IKE_SYO: 「大衆は愚かだら、分かる人だけ見ればよい」では文楽も絶滅する。保護ではなく時代への適応が大切。RT @t_ishin 批判されなくなったらもう終わりですよ。僕は素朴な感想を出し続ける。それが文楽玄人から見て、頓珍漢であろうとも。文楽は大衆芸能なんだ posted at 08:25:11
  • http://t.co/zBt4thfh毎日新聞、良いところあるじゃない。毎日新聞はネットニュースで、僕が文楽について「台本が古い」と批判したと報道。これについてはまったくの誤報。今朝のツイッターでもつぶやいたし、今朝の登庁時の囲み取材でも話しました。 posted at 15:19:37
  • 僕は現在の曽根崎心中の脚本が昭和30年に作られたもので、それに縛られる必要はないでしょと言ったのです。人形遣い、三味線、大夫は350年の歴史のある守るべき伝統芸能の技かもしれないが、なんと脚本は近松オリジナルを昭和30年にアレンジしたもの。 posted at 15:21:13
  • 台本が古いとは言ってません。もともと近松のオリジナル自体が古いものなんだから。どうせやるなら、昭和30年に書かれたものではなくて、近松オリジナルの本物でやった方が良いのでは?と言ったんです。オリジナルが途中、長くて面白みに欠ける部分があるから昭和30年にアレンジされた。 posted at 15:23:02
  • そもそも今の曽根崎心中の脚本は、公演用にアレンジされたもの。そうであれば、脚本は現代風にアレンジしても問題ないでしょ。古典を守るというなら、近松オリジナル脚本を守れば良い。脚本がそもそも昭和30年にアレンジされたものなら、さらなるアレンジをすればいい。 posted at 15:25:11
  • そういう意味で、脚本を批判したのです。それを毎日新聞は、「台本が古い」と批判とのネットニュースの見出し。僕は今の脚本をさらにアレンジするか、どうせならオリジナルにもっと古いものにすべきと言ったんだ。それを朝の囲み取材でしゃべったら毎日新聞はネットニュースの見出しを訂正。 posted at 15:27:05
  • 演出を批判と訂正されていた。そしたら日系新聞で自称文楽玄人の人が、文楽はそもそも演出がないもの!それが文楽だ!だって。そういう一部マニアのためにやるのは、そもそも大衆芸能ではない。大衆芸能は大衆に支えられるもの。演出がない方が間違いだ。演出のない公演なんて文楽以外にないでしょ。 posted at 15:31:44