読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

衆議院解散を祝う

「選挙で有権者の意思を表わす」
こんな基本的なことを2005年9月11日以降私たちはできなかった。いや、正確にはその間の参議院選挙で明確だったにもかかわらず、無視され、居直られてしまい、結果として3人の「一年と保たない」総理大臣が生まれてしまった。そして有権者は47.7%の得票率で73%の議席を与えてしまった「自己責任」をこの4年間せっせと果たしてきたわけだ。総選挙は8月18日に公示、8月30日に投開票の日程で行われるらしい。それまで一票の価値と力を考えようと思う。

今年の3月27日に河北新報に掲載された高村薫氏のコラム(『現代の視座』〜政治も有権者も「理念」を取り戻せ〜とのタイトルで配信されている)から引用する。

 明日よりも今日。社会全体の公正よりも、自分の利益。理念よりも実利。困難への挑戦よりも、今の安逸。政治から企業まで、あるべき社会を構想することもなく、現状維持に汲々としてきたのは私たちであり、長年のこの生き方のツケを私たちは麻生政権という現実で支払っているのである。
 私たちは、麻生政権の非をあげつらうだけではすまない。まず私たち自身の来し方を振り返り、あるべき未来と社会への誠実な意志を取り戻す必要があると思う。今や己が権力にしがみついているだけの政治全般と、その政治への無関心を続けてきた私たち自身に、「ノー」を突きつけるべきときが来ている。