読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

「兵士は戦場で何を見たのか」刊行記念特別鼎談

f:id:yosi0605:20161014042140p:plain

http://www.radiodays.jp/item_set/show/818

ラジオデイズ特別対談
「兵士は戦場で何を見たのか」刊行記念特別鼎談 (全巻セット)

平川克美(ラジオデイズ・プロデューサー) 小田嶋隆(コラムニスト) 古屋美登里(翻訳家)

衝撃の問題作を語る

「兵士は戦場で何を見たのか」の刊行を記念して、亜紀書房主催でおこなわれた鼎談です。

ピューリツァー賞ジャーナリストのデイヴィッド・フィンケルが、イラク戦争に従軍した米軍歩兵隊に密着。若き兵士たちの肉体が次々に破壊され、殺されていく姿を追った衝撃のノンフィクション「兵士は戦場で何を見たのか」の翻訳を担当した古屋美登里さんに、小田嶋さんと平川さんが迫ります。
なぜこの作品を翻訳・出版するに至ったのか。
この作品の衝撃の内容とは。
翻訳本が日本で刊行される意味とは。
様々な視点で描かれる原書を混乱なく翻訳した苦労話。
なぜ若者は志願して戦場へいくのか。
アメリカが抱える負の遺産とは。
興味深い内容が次々と語られる古屋・小田嶋・平川の鼎談をお楽しみください!


(この番組は隣町珈琲にて公開収録しました)