読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

栗駒山荘〜羽黒山

日記

昨日8月31日のこと。

一日ポッカリと予定のない日ができましたので、車でぶらぶらすることに。
とりあえず夏の終わりを感じに栗駒山へ。
栗駒山荘(秋田県雄勝郡東成瀬村)で温泉と昼食。



昼食を食べながら、この後はどこへ行こうかと地図を見ながら考えていたら、羽黒山五重塔が夜間ライトアップをしていたことを思い出しました。
大雑把に時間を計算して、まぁ大丈夫だろうと思い出発。

夕方羽黒山入り口に到着。
ぶらぶらしていたら、法螺貝の音が高らかに響いてきました。
何があるんだ?と訝しんで、そろそろと音のする方へ近づくと、山伏の装束に身を包んだ人達が次々に門から飛び出してきた。
どうやら出羽三山神社主宰の秋の峰に参加された皆様のよう。

出羽三山・月山・羽黒山の宿泊施設 旅館 多聞館: 秋の峰入り

中には「おんぎゃー」と赤ちゃんが叫ぶように飛び出してくる方も。
この修行が「『擬死再生』を果たし、『即身成仏』の山伏」となることを目標としているので、「再生」とは「(新たな)生誕」を意味するのでしょう。
見ているこちらのほうの汚れを落としてくれるような気がします。

夜間ライトアップまで時間があるので、一度道を戻って夕食を取ることにする。
記憶にある、昔食べた美味かった蕎麦屋さんを探したが、今は営業していなかった。
そうこうしているうちにゲリラ豪雨になったので、道端に見つけた温泉保養施設の食堂に飛び込み、悩むのも面倒なのでカレーを食べる。

時間になったので再度羽黒山神社入り口に。
雨は小ぶりになったが、濡れた参道は滑りやすく、非常に歩きにくかった。
LEDの提灯を貸していただいたが、ここまで暗いと懐中電灯かヘッドライトが必要だろう。



なんとか転ぶこともなく国宝五重塔に到着。
派手さはなく、抑えた感じのライトで照らされた五重塔は神秘的でありました。



満足して帰途についたが、帰り道は台風が接近している影響で、ずっと激しい雨の中でした。