読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

「さんま寄席」に向けて『目黒のさんま』を予習する

来る25日、ほぼ日刊イトイ新聞プロデュース「気仙沼さんま寄席」が開催される。
気仙沼立川志の輔の落語が聴けるビッグ・チャンスなのだ。
なんとかかんとか、「地元販売枠」のチケットを手に入れることができて、後は当日を待つばかり。



ほぼ日刊イトイ新聞 - 気仙沼さんま寄席


チケット入手後にゆっくりと、念入りにサイトを読み込んだ。
志の輔の演目は「当日のおたのしみ!」となっている。
うん、これは当然。
しかし、その上には「この演目(『目黒のさんま』のこと)だけを一所懸命、噺しに来てくださる落語家さん」が来るとのこと。
しかも「志の輔さんが自信を持っておすすめしてくださる方」だそうだ。

う〜む・・・。
気仙沼の人間がこう言うのもなんだけれど、実を言えば、演目としての『目黒のさんま』はあまり得意ではない。
生意気な物言いと思われる方もいるかもしれない。
が、もし独演会でこの演目がかかったとすれば、「う〜ん・・・、せっかくだから他のネタが良かったなぁ」とか思ったりするかもしれない。
これはあくまで個人的な感想なので許していただきたい。

しかし、今回は最初から『目黒のさんま』をやりますよ!と宣言して落語会のタイトルにもなっている。
こうなれば徹底的に予習(?)してやろう!と決意したのでした。

偶然にも(ホントか)ネットレンタルで借りていたCDに『目黒のさんま』が入っていた(^_^;)
(以前聴いた柳家ろべえさんの師匠ということなので)


そしてレンタルのウイッシュリストに追加・変更をかけて、以下の作品をレンタルする予定。

落語決定盤 十代目金原亭馬生 ベスト

落語決定盤 十代目金原亭馬生 ベスト

やはり、決定版と言われている金原亭馬生バージョンは外せない。
そうなると聴き比べで三遊亭圓生を入れないわけにはいかない。
その流れで三遊亭圓楽も入れた。

さらに、今を生きる落語家の口演も聞いてみようと思い、「落語の蔵」にアクセス。
三遊亭兼好と立川談修のものがあったのでダウンロードした。

https://www.dplats.jp/kura/asp/itemdetail/rakugo-dl-00274/
https://www.dplats.jp/kura/asp/itemdetail/rakugo-dl-00162/

ここで少し、いや、かなり後悔したのは柳亭市馬の口演が昨年2月までの限定で配信されていたことに今頃気付いたってこと(´・ω・`)

https://www.dplats.jp/kura/asp/itemdetail/rakugo-dl-00262s/

これはかなり悔しい・・・。いや、本当に悔しい!!!
是非、再配信を希望したい。

こんなすったもんだもありましたが、気を取り直して「予習」に精を出したいです。

それにつけても、志の輔の演目が楽しみ。

今年の年末は『歓喜の歌』でもレンタルしようか。・・・忘れなければ。

歓喜の歌 [DVD]

歓喜の歌 [DVD]