読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

Nスペ『エベレスト〜世界最高峰を撮る』


録画していたNHKスペシャル『エベレスト〜世界最高峰を撮る』を観た。
NHKの撮影スタッフによるエベレスト登山の一部始終を記録した番組。

何より素晴らしいことは山頂からハイビジョンカメラで360度の大パノラマを撮影したこと。
ネパール、インド、パキスタンチベット、遮るもののない圧倒的な風景。
天気も完璧に味方してくれていた。

まさに「神々の座」・・・だよ。

この番組を観ながら、村上もとかの『岳人(クライマー)列伝』を思い出した。
『JIN〜仁〜』発表前には公式サイトで「自信作」と言っていたと記憶している。



上巻の『南西壁』は厳冬期のエベレスト南西壁の初登頂を目指す登山隊の話。
雪崩や吹雪でアタック隊は主人公ロニーとシェルパ頭プルバの二人だけになってしまう。
そのロニーも高山病ですでに8000mから下山する体力は残っていないと判断して頂上を目指すが、
頂上直下のヒラリーステップの稜線で確保に入った状態で亡くなってしまう。
亡くなる直前、幻覚に襲われて、幻覚の中で登頂して、別れた奥さん(アリス)に呼びかける・・・


ああ・・・晴れてきた・・・・・・
みろ、みろプルバ!!
頂上だ!
ここはエベレストの頂上だ!!
チベットが・・・・・・
中国が・・・・・・
ネパールが・・・・・・
インドの山河がみえる

アリス・・・
もしきみがここにこれたなら
きみもきっと
おれのすべてを
理解してくれたろう・・・・・・
だって、ここは
地上のどこよりも・・・・・・

天国に・・・近い・・・!!


奥付では昭和56年初版で、定価は340円だ!


そして、もののついでに自分のネパールトレッキング一人旅を思い出した。
いや、まぁ、20年も前のことですから。



一人旅だったけど、行く先々に日本人はいたし、欧米からのトレッカーとも一緒に歩いたし、
完全に一人ってわけじゃないけど。
あの時はタンボチェの僧院が前年に焼けてしまって、ロッジの前に募金箱が置いてあったなぁ。

色々なことを思い出した。
一応カラパタール(5550m)まではたどり着くことができた(Google EarthでKalaPattharで検索して)。
お陰で自分の限界(高度順応)が分かったね。

とにかく、正月からいい番組でした。