読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

熊山下草刈り

ブログも放置状態でいると操作方法も忘れそうになる今日この頃。
こんな状態はいかんなぁと思い直し、今回のアップを機に、今までのことも遡ってアップしようかと考えている。
(過去に何度考えたことだろう・・・)


さて、昨日の日曜日、地元の登山愛好者の集まり「彼峰の会」(「あほう」と読む)の下草刈りに参加してきました。
以前は森だったところが伐採で一面の笹薮になってしまい、そのままじゃ悲しいから以前の森に戻したいと始まった植樹も早十年。
会長さんは十周年の記念植樹としたいと思っていたところ、あの震災である。
今年の植樹は中止となったが、木の成長を促す下草刈りは欠かせないと鎌や刈払い機を持って集合。





生憎の雨ですがかなりの人数が集まりました。
会長さんが声をかけて、東京からいらしているボランティアの方が四人参加してくれました。
ありがたいことです。





毎年植樹に参加してくれる団体の方の中にも亡くなられた方がかなりいらっしゃいます。
作業の前に黙祷しました。


最初に木の周りを鎌で直径30センチの円を書くように刈っていきます。
刈払い機で木を痛めないために欠かせない作業です。
しかし、雨の中、ゴアの雨具を着ているといってもこれはキツイ作業です。





その後、刈払い機で日当たりが良くなるようにと念じながら、ガンガン刈っていきます。
緑に緑で分かりにくい写真ですが、上のような感じになります。
残念ながらネズミにやられて枯れた苗木もかなりありました。
これも自然です。
それも含めて次世代につなぐ森づくりってことで。


十時から十二時までの作業でしたが、雨具を着ていても汗で内側がビショビショ。
考えてみると、ほとんど毎回雨に当たる。
時期的に梅雨だから仕方がないけど、だれか雨男がいるんでないかい?

俺だったりして(・o・)