読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

盛岡にて柳家小三治を聴く

演劇・芸能

昨日(20日)、柳家小三治を聴くために盛岡まで行ってきた。
今年初のビックイベントと言ったところか。
整理券配布が午後二時で、開場が三時半なのでゆっくりと出発。





盛岡市内に入って、あまりにいい天気なので車を停めて岩手山を一枚。
普段見慣れている人でも撮りたくなるのか、他にも数人携帯カメラを向けていた。
関係ないけれど、雪の岩手山を見ると『六三四の剣』(村上もとか)を思い出してしまう。
途中「啄木新婚の家」の前を通ったり、寄り道して会場のプラザおでってホールへ。





正面ではないけど、運良く最前列を確保。


三三の「真田小僧」はまくらから噺に入る流れが自然で良かった。
小三治は相変わらずまくらが長くて絶好調。今の政治と経済に物申して、自分はマトモだと思っているのが一番マトモじゃないってことで「千早振る」へ。
これはCDで聴いたことがあるけど、枯れた感じが増していて堪能しました。


ところで、まくらでも言っていたのだけど、同じ日に岩手県民会館では歌丸・小朝の落語会があったらしい。
曰く「あっちに行くお客さん200人取っちゃった?」





なんか盛岡駅で(どちらかと)バッタリ鉢合わせになったらしいんだけど、そこでどんな会話になったのか想像すると結構面白い。
それにしても落語協会会長と落語芸術協会会長が同じ日に東北で落語会とは・・・


うれしいねぇ(^^)v!