読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

2010年も終ります

日記・独言

まもなく2010年(寅年)も終り、2011年(卯年)が始まります。
振り返ってみると、ひっちゃかめっちゃかな一年だったなぁ。


いや、11月・12月という一年納めの二ヶ月が目まぐるしかったからそう思うんだろう。


11月上旬、父が整形外科に入院。そして手術。仙台の病院だったので行ったり来たりがひどかった。
で、その父が12月上旬に退院してきたと思ったら、その翌日、今度は母が具合を悪くして地元病院に入院。オペの必要はない、となったのは幸いだった。
中旬には親戚のおじさんが一関の病院に入院(これは予定されていた)するので送迎。
そして、母のいない間の食事やら洗濯やら(一応私がやりました)のペースがつかめてきたところ、いきなり仙台で働いていたときの先輩の訃報が飛び込んできた。12月22日、あの暴風雨の中、仙台の葬祭場まで車を走らせた。
その後母も何とか年内に退院となり、今は少し落ち着いたところ。


こうしてワイン(いただき物)を飲みながら年越しができるって予想もできなかった。普通でいられるのって、本当はすごい幸せなことなのかもしれない。


話を亡くなった先輩に戻すと、ずっとデザインや宣伝の世界でやってきた人で、同じ会社にいた時も部署は全く別。むしろ退職してからOBで集まることが多くなり、いろいろ楽しく過ごさせてもらった。
デザインのプロであるということで、同時にプロのMac使いでもあり、自分が一時期iBookを使っていたときは「こんなソフトがあるよ」とか話を聞いたりした。
今使っているXPがいいかげん古くなり、ストレスもたまるようになったので、次のパソコンの「候補」を考えながら書店をうろついているうちにMacの雑誌を手に取ったり、ツレさん(細川貂々さんの夫君)の本を読んだりして段々とMacが視界に入ってきた。その先輩のことを思い出して、「新年会で会うだろうから、また話を聞こう」と思っていた矢先の訃報だった。


もう話を聞くことはできなくなったが、Mac購入計画はまだ生きていて、具体的になりつつある。


さ、もう一杯飲もうかな。

皆さん、良いお年を。


こんなツレでゴメンナサイ。 (文春文庫)

こんなツレでゴメンナサイ。 (文春文庫)

私とツレとこだわりMac

私とツレとこだわりMac