読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

ジョン・レノンミュージアムへ

日記・独言

理不尽なまでに暑い一日でした。
ブログも更新できてません。
とにかく、汗で腕がデスクマットに貼りつく感触が何とも言えないので…諦め。


ともあれ、先日日帰りで「ジョンレノンミュージアム」に行ってきました。
今年の九月で閉館になると知ったので矢も盾もたまらずって感じでした。








館内は写真撮影禁止ですから、エントランスだけ撮りました。


展示はジョン・レノンが生まれてから亡くなるまでを年代ごとに追体験できるようになっていて、知っている人には改めて自分の知識の確認になるってところでしょうか。
でも、あのリッケンバッカーのギターとかあのサイケ服とかの現物を間近で見れるのは、やっぱりいいです。「ジョン・レノン」と刻印されたJCBカードにはちょっと笑ったけど。


それと、少しですがオノ・ヨーコの作品の展示もあります。ジョンとヨーコの出会いのきっかけと言えば「りんご」と「釘」ですが、「釘」の作品は見ることができます。


季節は8月で、どうしても先の戦争のことを考えてしまうのですが、展示を一巡りして「世界に戦争の絶えたことがないじゃないか」というのが率直な感想。


プログラムとポストカードを買って慌しく帰ってきましたが、やはり行って良かったです。素直に。



*ジョン・レノン・ミュージアム閉館について(John Lennon Museum ニュース)

2010.02.04

ジョン・レノン・ミュージアム閉館について

 

 ジョン・レノン・ミュージアム(さいたま市中央区 館長・水沢順一)は、このたび親会社・大成建設株式会社とオノ・ヨーコ氏が締結した10年間のライセンス契約が満了することにより、本年9月30日にミュージアムを閉館することになりました。
 2000年10月の開館以来、みなさまからミュージアムへの多大なる支援・ご協力を賜りましたことについて、心より厚く御礼申し上げます。
 

 ミュージアムは、ジョン・レノンのパートナーであったオノ・ヨーコ氏による世界初の公認ミュージアムとして開館し、これまで国内はもとより世界中のお客様にご来館いただきました。館内では「LOVE&PEACE」を大きなテーマとして、ジョンの40年の生涯をさまざまな角度からご紹介し、楽曲のみならず生き方・考え方などに多くの方々に共感していただきました。


 本ミュージアムは今秋閉館いたしますが、ジョン・レノンの作品とスピリットが多くの方々に愛され続け、これからも大きく世界中に伝えられることを心から願っています。
  

オノ・ヨーコさんからのメッセージ>

ジョン・レノン・ミュージアムを愛してくださったみなさまへ
 
 

 ジョン・レノンは世界中をめぐる運命を持っていました。彼の魂は動くことによって継続していたのです。動かないと死んでしまう。ジョンの精神が宿るミュージアムも動かないとミュージアムではなく、お墓になってしまう。ジョンにはお墓はないのです。彼が息を引き取ったとき、私は「ジョンの葬儀は行いません」と世界に向けて言いました。それは、ジョンの魂が永遠に生き続けることを知っていたからです。

 ジョンの魂は、10年を節目にしてここからも離れて行きます--次の旅を見つめながら… 。まず、5年と思っていたのがみなさんのミュージアムへの愛によって10年になったのです。

 このジョン・レノン・ミュージアムを愛してくださったみなさん、深く感謝しています。あなたがた一人ひとりの中にジョンのスピリットが受け継がれ、そのみなさんのスピリットが世界の平和が実現していくための愛の力になることを信じています。みなさん、ありがとう!
 
 
2010年 立春
愛をこめて…
オノ・ヨーコ