読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

「待ってました!歌舞伎座クライマックス」

演劇・芸能

あるメルマガで知ったのだが、今夜は「ブルームーン」だという。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブルームーン」って知ってますか? 
満月というのは、だいたい月に1度なのですが、まれに月に2度見られることもあるそうです。そのときの2度目の月を「ブルームーン」というのだそうです。
そしてこの月は幸運の兆しとか、見ると幸せになるといわれています。2010年はそのブルームーンが2回も見られます。
一回目はすでに終わってしまいましたが、二回目のブルームーンは今日の夜、3月30日の満月なのです。
皆さんに幸運が訪れますように。


そういうわけで、慌てて外に飛び出しました(^^;)
おおっ、寒っ(>_<)


ともあれ、注文していた松井今朝子さんの最新刊が届いた。


歌舞伎の中の日本 (NHKブックス)

歌舞伎の中の日本 (NHKブックス)


NHK教育「知る楽−探究この世界『極付歌舞伎謎解(きわめつきかぶきのなぞとき)』」のテキストに『仮名手本忠臣蔵』と『積恋雪関扉』が新たに加筆された。ゆっくり楽しみたい。「日本人が歌舞伎の何に感動してきたのかをたどる画期的な歌舞伎ガイド」(公式サイト)ですから。


今夜もルーティンである「松井今朝子ホームページ・今朝子の晩ごはん」をチェックしたら、なんと!NHKがやってくれた!!
4月19日から四夜連続で「当代第一線で活躍する俳優たちが歌舞伎座で演じた名場面」を放送してくれるそうだ。
その前の日には中村芝翫の番組もある。
ハイビジョン録画態勢を整えた甲斐があったっちゅうもんです。


ハイビジョン特集 中村 芝翫 〜歌舞伎ひとすじ八十年〜
BShi 4月18日(日) 午後10:45〜11:45

歌舞伎俳優・七代目中村芝翫(しかん)さん(81歳)。
4歳の初舞台以来、80年近く歌舞伎の舞台ひとすじに芸道を極めた女形の最高峰。
5歳で父と死別し、12歳で祖父も亡くすという苦境の中、六代目尾上菊五郎に私淑し、黙々と芸を極め続けてきた。歌舞伎とはいかなるものなのか、どのように後世に継承されていくのか・・・。これまでメディアに対して芸談を語ることが少なかった芝翫さんが、現在の歌舞伎座が閉幕を迎えようとしている今、静かに語る。極めつけの芸、その舞台姿を交えてたっぷりとお届けする。

待ってました!歌舞伎座クライマックス
BShi 4月19日(月)〜22日(木) 午後10:00〜午前0:00

昭和26年にできた東京・歌舞伎座。今日では毎月歌舞伎が上演される唯一の劇場として国内外から大勢の人々が訪れるこの歌舞伎の殿堂が、4月の公演をもって一旦休場、改築に入る。現在の歌舞伎座を締めくくるオマージュとして、当代第一線で活躍する俳優たちが歌舞伎座で演じた名場面を、現在では見られないお宝映像も交えて、4日連続でアンコール放送する。

先月から色々と書くべき事柄も多々あったのに、アップしそびれて2月〜3月はかなり間隔が空いてしまいました。
時間をみながら細々と日付を調整しながらアップするつもりです。
個人的な記録として。