読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

訃報:三遊亭圓楽師匠

高校の時、学校の「芸術鑑賞会」に来ていただきました。
お弟子さんが「時そば」を演じたのは覚えているが、圓楽さんが何を演じたのか覚えていない。ただ当時入っていた山岳部がネタにされ、それが大うけだったので、バツが悪かったのは覚えている。
そういうことですから、自分が初めて生で見た落語家ということになります。
時期的に落語協会分裂、落語三遊協会創設の数年後になるので、かなりしんどい時期だったのではないだろうか。


謹んでご冥福をお祈りいたします。


三遊亭円楽さんが死去…76歳肺がんで


日本テレビ系の演芸番組「笑点」の司会などで知られた落語家の三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名・吉河寛海=よしかわ・ひろうみ)さんが、29日午前8時15分、肺がんのため亡くなった。76歳だった。

 告別式は近親者のみで行う。喪主は妻、和子さん。


 東京・浅草生まれ。1954年に六代目三遊亭円生に入門。全生を名乗り、58年に二つ目、62年の真打ち昇進と共に五代目三遊亭円楽を襲名した。


 60年代の演芸ブームでは立川談志古今亭志ん朝橘家円蔵さんとともに「寄席四天王」と呼ばれた。78年に円生とともに落語協会を脱退、翌年の円生の死後も一門を率い円楽一門会の名で活動を続けた。「笑点」では、83年から2006年まで司会を務めた。07年に落語家を引退していた。
(2009年10月30日15時04分 読売新聞)