yosi0605's blog

とりとめのない備忘録です

本・雑誌

今週の読了

先週は「読了ゼロ」だった。 今週もバタバタして重い気分でいるので、チョイスしたのは軽く、晴れやかな文庫を二冊。 (角川文庫)" title="鼠、危地に立つ (角川文庫)">鼠、危地に立つ (角川文庫)作者: 赤川次郎出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: …

先週の読了

14歳からの靖国問題 (ちくまプリマー新書)作者: 小菅信子出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2010/07/07メディア: 新書購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (4件) を見る 靖国史観―幕末維新という深淵 (ちくま新書)作者: 小島毅出版社/メーカー: 筑…

今週の読了

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)作者: 中村計出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/07/28メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 21回この商品を含むブログ (17件) を見る 「甲子園なんてこなければよかった」──。球史に刻まれた一戦、1992…

今週の読了

今週読んだものは漫画一冊だけ。 情けないなー(;_;)『どうらく息子』も10巻になり、主人公の二ツ目昇進が決まった。 前巻で大失態を演じ、香盤が下がって前座一年目からやり直す、つもりだったのがまさかの大逆転。 落語家さんの話をあちこちで読むと、前…

今週の読了

以前に下記リンク先の対談を購入・ダウンロードして聴いていたので、内容的にはその音源の文字起こしで、新たに内田樹、小田嶋隆、平川克美それぞれのコラムが収録されている。 対談部分で真新しい内容は特になかった。 しかし、ラジオデイズの音源はコーヒ…

今週の読了

一冊、面倒くさい本に手を付けてしまい、その本がなかなか読み終えることができない。気分転換に漫画に手を付けたのだが、漫画だから読みやすいけど、内容はどんと重くて深かった。 いや、おざわゆきさんのこの漫画はそうなることを予想して買ったのだから、…

今週の読了

現代の肖像 小田嶋隆 eAERA作者: 大越裕出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2014/05/21メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見るアルコール中毒を乗り越えての、高校からの同級生であるCMプランナー岡康道氏(「その先の日本へ」〜JR東日本…

今週の読了

いつも一緒に―犬と作家のものがたり (新潮文庫)作者: 新潮文庫編集部出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/12/24メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る可愛いすぎるカバーは反則w 読んでいて当然のごとく我が家に来てくれて、最後を看取った彼の…

CD「池波正太郎が語る」

明日25日の発売らしい。 ちと高めの値段設定のような気もする。 気持ちは揺れています^^;NHKCD 池波正太郎が語る~時代小説の主人公たち~アーティスト: 池波正太郎出版社/メーカー: NHKサービスセンター発売日: 2014/06/25メディア: CDこの商品を含むブログを…

今週の読了

今ごはん、昔ごはん (一般書)作者: 松井今朝子出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2014/06/05メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る「ひと粒で二度も三度も美味しい食エッセイ」 季節がら、エッセイの中の鰹の食べ方(にんにく…

今週の読了

文藝春秋SPECIAL 2014年夏号 [雑誌]出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/05/27メディア: Kindle版この商品を含むブログ (2件) を見る剣客商売 17 (SPコミックス)作者: 大島やすいち,池波正太郎出版社/メーカー: リイド社発売日: 2013/11/26メディア: コミ…

小田嶋隆氏の2014年上半期推薦本

TBS RADIO たまむすび Magnitude ZERO マグニチュード・ゼロ作者: MindCreators LLC出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2012/03/07メディア: 大型本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る大声で言われる「がんばろう日本!」の中、静かに語りかけてく…

今週の読了

(ビームコミックス)" title="あの日からのマンガ (ビームコミックス)">あの日からのマンガ (ビームコミックス)作者: しりあがり寿出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン発売日: 2014/05/02メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る「ク…

今週の読了

ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件――〈ヘイトクライム〉に抗して作者: 中村一成出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2014/02/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (7件) を見る九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響作者: 加藤…

今週の読了

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) いちえふ 福島第一原子力発電所労働記 (モーニングコミックス)作者: 竜田一人出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/04/23メディア: Kindle版この商品を含むブログ (10件) を見るはじまりのはる(1) (アフタヌーンK…

今週の読了

今日もいい天気 原発事故編 (アクションコミックス)作者: 山本おさむ出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2013/02/12メディア: コミックこの商品を含むブログを見る考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21)作者: イビチャ・オシム出版…

今週の読了

歴史をかえた誤訳 (新潮文庫)作者: 鳥飼玖美子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/03/28メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 20回この商品を含むブログ (30件) を見る中国化する日本 増補版 日中「文明の衝突」一千年史 (文春文庫)作者: 與那覇潤出版社/メ…

今週の読了

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)作者: 菊池誠,小峰公子,おかざき真里出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2014/03/15メディア: 単行本この商品を含むブログ (13件) を見る

今週の読了

[asin:B00HEB864A:detail]

今週の読了

過去、靖国神社についてどのような論が展開されていたか気になったので購入。amazonマーケットプレイスで¥1だった。戦争を知らない人のための靖国問題 (文春新書)作者: 上坂冬子出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2006/03メディア: 新書購入: 1人 クリック…

今週の読了

放射能とナショナリズム (フィギュール彩)作者: 小菅信子出版社/メーカー: 彩流社発売日: 2014/02/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見るナナのリテラシー1 (Kindle Single)作者: 鈴木みそ出版社/メーカー: Miso Suzuki発売日: 2014/01/23メ…

今週の読了

中国嫁日記(三)作者: 井上純一出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン発売日: 2014/02/14メディア: コミックこの商品を含むブログ (21件) を見る

今週の読了

桐生 悠々『言いたい事と言わねばならない事と』 Amazon.co.jp: 言いたい事と言わねばならない事と 電子書籍: 桐生 悠々: Kindleストア 関東防空大演習を嗤う作者: 桐生悠々発売日: 2012/10/04メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見るどうらく…

検証『永遠の0』その二(ネタバレ注意)

今日も映画『永遠の0』のニュースが飛び込んできた。 【国内映画ランキング】「永遠の0」V8で70億円超え!「タイバニ」が3位、「ラッシュ」は4位さて、『永遠の0』を読み終えて、一番気にかかったのは「第七章 狂気」での谷川正夫(元海軍中尉)の回想(と…

検証『永遠の0』その一(ネタバレ注意)

百田尚樹原作の『永遠の0』が原作も、岡田准一主演の映画も、ともに絶好調のようだ。 [永遠の0]V7で興収66億円突破私はこの作品をまず映画で観て、その後原作を読んだ。 映画を見る前から作者のツイッターが物議をかもしているのは知っていて、フォローは…

『永遠の0』読了

百田尚樹著『永遠の0』読了。 後で書く必要があるけれど、なぜこの本があれだけ売れるのか分からない。

百田尚樹『永遠の0』購入

永遠の0 (講談社文庫)作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/07/15メディア: 文庫購入: 39人 クリック: 275回この商品を含むブログ (365件) を見るやっとamazon「マーケットプレイス」で購入しました。 今年になって「商品本体+送料」が「新品…

kindle本(サンプルを含む)

『永遠の0』を観て宮崎駿の『風立ちぬ』を思い出し、そこから芋づる式に脳内未読本リストが更新された。 取り急ぎ、kindle版が出ているものからサンプルをDL(立ち読みで確認するような感じ)。 零式戦闘機作者: 吉村昭出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/…

Kindle Paperwhite 用カバー&充電器

カバーは4月8日にamazonで購入して、それ以来愛用している。 机、テーブルの上に書見台のように置くと、両手が自由に使えるのでコーヒーを飲みながら読むのも快適であります。 そして、何より値段がお手頃(^^♪ただ、カバー自体が多少厚めにできているので、K…

『どうらく息子』の手拭いプレゼント

マンガのストーリーと連動した企画「“銅ら美二ツ目昇進祝い手拭い”プレゼント」。 単行本の帯の応募券を貼って応募する。 ええ、早速応募しましたよ。どうらく息子 8 (ビッグコミックス)作者: 尾瀬あきら出版社/メーカー: 小学館発売日: 2013/08/30メディア:…

アマチュアカメラマンの写真展

気仙沼のアマチュアカメラマン佐々木徳朗さんという方の写真展に行ってきました。 会場は気仙沼市の山の方、水梨文化館というところ。平成元年から今までの写真の中から選ばれた写真が展示されてました。 中でもオガミサマによる「口寄せ』! 祖父が亡くなっ…

小田嶋隆氏のおススメ本

TBS RADIO たまむすび8月14日(水)たいしたたま「週刊ニッポンの空気」 コラムニストの小田嶋隆さんがあーだーこーだ言うコーナー。 今週は、夏休み特別企画! 小田嶋さんが、学生さんにおススメする、夏の一冊、 その名も「オダイチ」をご紹介しました。 …

本日発売!

好きな作家の新作を発売日当日に手に入れるのは幸せの一つに違いないと思う。 壺中の回廊作者: 松井今朝子出版社/メーカー: 集英社発売日: 2013/06/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る

日本橋から東銀座

歌舞伎座の後は人形町で軽く一杯。 昨年の夏、落語会の後に連れて行ってもらったお店に顔出し。人形町と言えば東野圭吾の『新参者』。 この一年の間に『麒麟の翼』を読み、ドラマと映画の『新参者』をレンタルして見た。 言葉にすると恥ずかしいのだが、嘘を…

電子書籍は大作に向いているのか

Kindleストアで特価になっていた古典の名作を購入した。 カラマゾフの兄弟 完全版作者: フョードル・ドストエフスキー出版社/メーカー: ゴマブックス株式会社発売日: 2013/03/20メディア: Kindle版この商品を含むブログ (9件) を見るレ・ミゼラブル【完全版…

安田浩一『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』

新年度がスタートしましたね。このkindle本は先月29日に購入しました。 単行本なら1785円のものが、只今キャンペーン中につき250円になってますよ、という値段に釣られました。 元々欲しかった本でありますから、得をしたと言えば言えるのですが。今日から読…

Kindle paperwhite が来た

今日も寒い一日。 予報では真冬日だそうで(´・ω・`) 祖母はデイ・サービスに、両親は親戚のところへ行ったので、留守番であります。そこでKindleが登場です(強引な)。目立つ買い物が続きましたが、何のことはない、デジタル一眼が想定予算より大分安く買う…

『幕末あどれさん』(kindle版)

さて、Kindle paperwhite をUSBケーブルで充電して、早速一冊購入。 第一冊目は松井今朝子著『幕末あどれさん』(幻冬舎時代小説文庫)です。 (ところで「冊」でいいのだろうか?) 幕末あどれさん (幻冬舎時代小説文庫)作者: 松井今朝子出版社/メーカー: …

Kindleストアでお買い物

amazonのKindleストアで下記の本を購入した。 いや、「購入した」という言い方は正確ではないな。 なにせ全て「¥0」なのだから^^;日本国憲法作者: 日本国発売日: 2012/10/01メディア: Kindle版 クリック: 2回この商品を含むブログ (8件) を見るあたらしい…

恒例 ブログタイトル変更

節分も過ぎ、今日は旧暦の1月1日です。 いよいよ新しい年が始まったという感じがしています。 季節や作物の旬を感じるのは旧暦が良いと思っていますので。 そこで心機一転、ブログタイトルを変更することにしました。 「またか」と言われることは重々承知し…

「落語ファン倶楽部 Vol.17(CD付き)」購入

「落語ファン倶楽部Vol.17(CD付き)」を購入した。 落語ファン倶楽部 Vol.17 (CD付)作者: 笑芸人出版社/メーカー: 白夜書房発売日: 2012/08/01メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (2件) を見る落語関係をチェッ…

2013年の手帳

来年の手帳選びに結構悩むこの季節だけど、今年はコストパフォーマンス?でお気楽に、さほど悩まずに決まった。 キーワードは「基本に返れ」ってところでしょうか(そんな大げさな〉。日々使う手帳は胸ポケットや尻ポケットに収まるサイズで。 他にチケット…

デジタル一眼に煩悩

いや、何となく抑えていた興味が目を出してきたんですよね。 デジタル一眼レフカメラに。特にこれを撮りたい、とか具体的な方向性が浮かんでいるわけではないですけど。 男って(女性はどうなんですか)理由もなくメカニカルなものを所有したいと思う生き物…

自習の時間(文楽)

橋下のあまりの傍若無人に呆れながらも、大阪から離れた東北の片田舎ではできることも限りがある。 せめて、文楽について理解を今より深めようと最近心静かに自習をしていた。 (それが歌舞伎や落語にも根っこでつながってるから) テキストは熱帯雨林で購入…

『幕末あどれさん』新装版発売

(作家)松井今朝子先生の公式ブログで『四文屋―並木拍子郎種取帳』が発売になると予告があったので、予約せねばと急いでamazonにアクセスした。 そうしたらamazon様より(なんで敬称?)「こちらもいかがですか?」と『幕末あどれさん(幻冬舎時代小説文庫…

『幕末あどれさん』久保田宗八郎の物語

前のエントリーで取り上げた『幕末あどれさん』の主人公、久保田宗八郎の物語は明治になっても続きます。 現在は西南の役の時代までが書き上げられました。 個人的にはこの後も物語を書き続けていただきたいのですが…。現時点で発売された単行本と文庫本を物…

宮脇書店

御年始も終わっての帰り道、昨年12月24日に復活(移転)開店した宮脇書店に立ち寄る。 開店してからずいぶん経ったけど、店内に入るのは今回初めてだったりする。 これで気仙沼市内の書店は個人経営の店、AEON内の店と、計三店になったわけだ。 本を何冊も手…

新年初読了本

今年初めて読了した本は、 その「正義」があぶない。作者: 小田嶋隆出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2011/11/17メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 13回この商品を含むブログ (19件) を見る地雷を踏む勇気 ?人生のとるにたらない警句 (生きる技術!叢書)…

先輩が自費出版

先月アップしたが、先輩が本を自費出版した。 先輩と言っても確か十歳くらい上になるので、当時は現役高校生と雲の上のOBって関係。 なんにせよすごい。 発売前に一冊頂いていたけれど、ここは売上に貢献しよう!ということで、発売日の今日amazonへ一冊注文…

コミック乱8月号 大島やすいち『剣客商売』

最近はほとんど漫画を読んでいないけれど、「コミック乱」という月刊誌に連載されている大島やすいちの『剣客商売』はチェックしている。 ご存知、泣く子も黙る池波正太郎の代表作。 同じ雑誌に連載されているさいとう・たかを『鬼平犯科帳』がもはや原作か…